社長挨拶

当社は、明治23年(1890年)京都にて時計製造業として創業し、海外取引を中心とした貿易商社として日本の近代化に貢献してまいりました。

この大きな掛け時計は当社が1900年初頭にニューヨークから輸入した時計で、100年以上経た今でも立派に動き続けております。

この間、幾多の荒波に揉まれながらも、当社は連綿とその歴史をつなげてまいりました。

これは、ひとえに今日に至るまで当社を信用して下さったお取引先様、仕入先様、金融機関の皆様の厚いご支援の賜物です。

そして、先輩社員の方々の長年にわたり積み重ねられた、努力のお蔭でございます。

これら先人たちが築き上げて下さった事業のよき後継者として、今後ますます当社が健全に発展していく事を期すとともに、世界の商品を通じて新しい価値の創造をし社会に貢献してまいります。 社是である…「いいものをいつまでも」とともに。